2011年02月01日

ええい ああ君から もらい泣き

いやぁ〜

決めましたね!!!

ザックJAPAN、アジアカップ制覇。

決勝は寒空の中ケータイのワンセグで応援していました。

みなさん見ました???

あの決勝ゴール!!!

素晴らしかったですよね。あの場面であんなゴールが奪えるなんて。

まさにドンピシャ。

ゴールを決めたのが確か・・・・・

李 忠義・・・・・



ではなく、

李 忠成

ですね。感動と興奮をありがとう!

私は特にゴールも決めていない原田です。



今日はハンカチなしでは聞けないお話です。

先日スタッフのお母さんがご家族と来店されました。

そのスタッフとは、キッチンスタッフの

中山 博之 くん

現役の高校生で、まだ益市に入って日も浅い。おもろいやつで明るい性格。みんなから可愛がられ、弟にしたくなるような彼。

また、イケメンでモテモテのスクールライフを送っているみたいです。

その彼のお母さんがなぜ益市に?

それは・・・お母さんのお誕生日だったんです。

お誕生日に自分が働いている益市に招待する。これだけでもいい話じゃないですか!

普通は恥ずかしかったり、照れくさかったり、思春期の揺れる思いもあり来られるのは嫌なはず。

そこを招待した中山くん。しかも、中山くん・・・

お母さんのためにスペシャルなデザートをプレゼントすると。誕生日はいくつになっても大切な日。しかも我が子に祝ってもらうのは格別。

中山くんは前日にデザートと一緒に送るメッセージを考えていました。すべては育ててくれたお母さんに喜んでもらうために、感謝の気持ちを送りたい。

そのメッセージ、ポエマータイゾーさんの協力もあり、次のように。



「ここまでおきくなれたのは

  あなたたちのおげです

   ふだはこんなこと言えないけど

      おめでとう


いざ当日。

デザートのサプライズが9時半ぐらいだったと思います。店もだいぶ落ち着いていて、中山くんを先頭にスタッフ3人でバースディソングを唄いながらお母さんの待つテーブルへ。

僕はちょっと離れたところから見ていましたが、

登場した瞬間から・・・

言葉なんていらなかったです。



嬉しそうなお母さんの笑顔と、恥ずかしそうな中山くん。

その後すぐにお母さんの笑顔から頬を伝う大粒の涙が・・・

メッセージに目を向け、もうそこからお母さんはずっと涙が止まりませんでした。



実は中山くん。お母さんに反抗した時もあり、喧嘩をしたこともありました。

益市を休んだ時もあり、自分たちも悩んだ時もありました。



その彼がそうやって成長した姿をお母さんにみせる。その光景を見守る僕。他のお客さんも祝福の拍手をしていただける。

涙が止まらないお母さん。

正直、もらい泣きしそうでした。本音を言うと、仕事ということを忘れて一緒に泣きたかったです。お母さんのような気持ちになって見ている自分がいました。

感動。この言葉がピッタリな瞬間でした。

みんなの心が温まるそんな一日でした。

ゴンちゃん!!(中山くんのニックネーム)
感動をありがとう。これからもよろしくな!!!





だいぶ長い分になり最後まで読んでいただきありがとうございます。


posted by 益市 at 05:31| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。